梅雨時、台風シーズンは毎年雨漏りの問い合わせが多い時期になります。
雨漏りが起こると、天井やクロスに染みができてしまったり、室内に雨水が侵入すると家具や家電に影響を与えてしまうこともあります。
そのため雨漏りが起きた場合、早急な対応が必要になります。
この厄介な雨漏りが起こる原因とは。
また雨漏りが起きた場合の対処方法をご紹介いたします。

雨漏りの原因

雨漏りの起こる原因は様々です。
建物の経年劣化、風災被害や施工不良
これらが雨漏りを起こす原因として考えられます。

建物の経年劣化による雨漏り

建物は年数が経過するとともに劣化が現れます。
屋根、外壁、雨樋、防水層、シーリング、その他付帯する箇所。
常に太陽光、熱や冷気、風雨にさらされていれば当然劣化します。
瓦のズレ、屋根や外壁の撥水効果が弱くなったり、雨水の侵入を防ぐために打ってあるシーリング材のひび割れもそうです。
ベランダ防水層のひび割れや雨樋の詰まりなども雨漏りの原因になります。

風災被害による雨漏り

台風や突風、豪雨も雨漏りの原因の一つです。
初めて雨漏りに気づくのは台風シーズンが最も多いのではないでしょうか。
強風によって普段とは違う角度や強さで雨が当たってしまいます。
これにより、普段雨が当たらない所から雨水が侵入し、雨漏りを起こしてしまうことがあります。
また、強風で物が飛び、屋根や外壁にあたり損傷することもあります。
台風の去った後の家の周りには、意外なものが落ちてたり散乱してたり。
風によってどこからか飛んできた物なんですよね。
リペイン工房に雨漏り調査のご依頼をいただいた客様のなかでも、このような損傷はよくありました。
特に目の届かない屋根や外壁の中層から高層階。
雨漏りを起こす、また雨漏りの原因をつくってしまうのも風災被害からという事例も多いです。

施工不良

家を建てたばかり、リフォーム工事後に雨漏りが起こった場合は施工不良の可能性があります。岐阜 岐阜市 外壁塗装
適切な施工方法ではなかったということになります。
故意的にとは考えたくありませんが、ほとんどの施工不良は誤った設計や施工の不手際が考えられます。
建物設計のプロ、施工のプロでも人の手で作り上げるものです。人的ミスによって雨漏りが起きてしまう場合もあります。

雨漏りが起きたらすること

雨漏りが起きてしまったら、ビニールやタオルで家具や家電が濡れないように守りましょう。
その後、雨漏り点検・修理業者に連絡をし調査の依頼をします。
調査では雨漏りの原因特定が必要です。
雨漏り工事をするうえで、雨漏りの調査、雨漏りを再現する散水調査は必ず必要です。
というのも、雨漏り箇所を特定し根本から潰し再発を防ぐ事が重要だからです。
一時的な補修は延命措置に過ぎません。
表面的な雨漏りは抑えられても被害が進行していることがほとんどです。
プロの業者に依頼をするのが賢明です。
建物の構造を理解し、あらゆる可能性、あらゆるシチュエーションを想像し原因追及をします。
また、築年数が10年未満の場合は建てた業者が無償で修理をしてくれる場合があるので問い合わせてみましょう。

まとめ

雨漏りは建物の大敵です。
人間にとっての虫歯や病気のようなものです。
放置して治ることはありません。
放置すれば放置するほど、建物を蝕んでいきます。
工事が必要な範囲も広がってしまいます。
突然の雨漏りに動揺してしまうこともあるかと思いますが焦りは禁物です。
原因が分からないまま工事の依頼をしてはいけません。
立地、環境、劣化度合い、建物の構造、工法、全く同じ条件の建物なんてありません。
故に雨漏りの特定には時間を要する場合もあります。
また一社だけでは不安という方は、屋根、外壁塗装工事と同様、他社で見積りを取るのも手段です。
逸る気持ちは一旦おさえて、業者選び、雨漏りを根本から直す工事を冷静に見極めましょう。