外壁や屋根の塗装工事は基本的に3回塗るのが基本です。
下塗り、中塗り、上塗りの3回塗りです。
塗料本来の耐久性を得るためには3回塗りが欠かせず、性能保証住宅設計施工基準でも、塗り工程は「下塗り、中塗り、上塗りの3回塗りとすること」と定められています。
クリヤー塗装や状態によっては中塗り、上塗りの2回塗りの仕様の塗料もありますが、基本的に3回塗りを前提に塗料は作られております。
これを怠ると、せっかくの塗料が本来の役目を果たせないことになってしまうのです。
なぜ3回塗りが必要かを理解するためには、それぞれの塗装の役割を知ることが大切です。

下塗り塗装の役割

下塗りの塗料はいくつか種類があります。岐阜 岐阜市 外壁塗装
代表的なのはシーラーやプライマー、微弾性フィラーです。
下塗りは外壁や屋根の種類、劣化状態、初回の塗装か否かによって使い分けます。
この下塗りの選定、施工が丁寧になされていないと、耐久性の点で大きく劣り、工事後すぐに上塗りが剥がれ落ちるという施工不良を招く可能性もあります。

中塗り塗装の役割

中塗りと上塗りは基本的に同じ塗料を2回塗ります。岐阜 岐阜市 屋根塗装
(塗料によっては専用の中塗り剤を使用することもあります)
中塗りは壁面を平らにするとともに、上塗り剤を補強する役割があります。
また、初めての業者で不安、しっかり3回塗りをしてくれるか不安という方は
中塗りの色を変えてもらうのも手段です。
これにより3回塗りの実施を確認することができます。

上塗り塗装の役割

仕上げの塗装工程になります。岐阜 岐阜市 外壁 上塗り
よってこの上塗りの塗装は仕上りに大きく左右されます。
基本的に塗装は足場を使用し高いところから下へと塗っていきます。
ですので、足場の3段目から2段目、1段目と徐々に下がって塗装します。
屋根も同様、高い棟から下へ向かって塗装します。
3段目と2段目で塗り方や塗布量が変えてしまったり、露骨に刷毛やローラーの繫ぎ目が出てしまったりすると
美観性に欠けてしまいます。
見た目の美しさ、性能(防水性、防汚性、遮熱性など)を十分に発揮させるためにも3回目の上塗りは非常に重要な項目です。

まとめ

外壁や屋根の塗装工事のお見積りの項目で金額の大半は外壁、屋根の塗装工程です。

足場工事や付帯部分の項目を省略してますが、塗装工事の見積りの項目は右のようになります。
3回塗装の工程です。
2回塗りでも大丈夫ですよと提案をされたとします。
そうすると右の図の(外壁下塗り)または(外壁中塗り)の項目が消えます。
3回塗りのお見積りと比べて10万円もしくは15万円安く塗装ができます。
弊社でも建物の状態やご要望によって、可能な場合のみ2回塗りのご提案させてもらう場合があります。
しっかりと塗装工事をしてもらいたいけど予算的に2回塗りという選択は注意が必要です。
金額で見ると10万円~15万円安くなるのは魅力的に感じます。
1回工程を減らすことによるデメリット。
これは後に何倍もの出費となって帰ってくるという事も良く聞きます。
下塗り塗装、中塗り塗装、上塗り塗装
それぞれ次の工程へとバトンを繋ぐ大切な役割があります。